おとなも行きたい! 「広大坊や館 ビッグバン」�@

GWに、家族で旅行に行く了見があるご家庭も多いでしょう。
幼児が味わえるような設備だと、大人は楽しむことができないなんて思ってはいませんか?そこで今回は、子どもから大人まで喜べる、関西の設備に関してご紹介していきたいと思います。

大阪府堺市南区茶山台1丁9番1号における「大きめ子ども館 ビッグバン」は、全ての幼児に優しい設備を方針に設計された大きな設備だ。
マンガ『銀河地下鉄999』の筆者です松本零士様が光栄館長を務められていて、室内はさながら銀河地下鉄999の素地に迷い込んでしまったかのような剰余になっています。
こういう子ども館の館内は「べアル」という「メロウ」という二人をヒーローに、壮大な宇宙の旅物語が展開されていて、設備の状態も、銀色の楕円形で、UFOをイメージして作られているようです。
他にも細部までこだわって作ってあり、エレベーターは宇宙船ものの構図になっていて、自動売り上げ機にはロボットの置物まで置いてあります。
また、宇宙飛行士の向井千秋様が着た本物の宇宙ファッションの出店もしてあります。
一度行ってみると、病みつきになる、不思議な剰余だ。
また、各週ことなる機会が開催されていて、何ごと行っても飽きることなく、楽しむことができます。
設備は全品館内におけるので、豪雨のお天道様など、日和に左右されずに楽しむことができ、GWものの前々から了見を立てておくピクニックにはぴったりです。
二度と、他の設備には乏しい一風変わったゲームができることも、こういう設備の魅力の一部分でしょう。

2階スペースファクトリーのハートイピア電子鳥獣園では、自分が書いた図式を、ほとんど生きているかのように、思いのままに移すことができます。
これはメロウの直し工房で実に書いた図式をコンピュータでスキャンし、取り込んで大きなディスプレイに映し出していらっしゃる。
この他にも、別途姓名とお年が記入できるようになっていて、初めて登録しておけば次に来館したところその時の見識を探し出して、もっと楽しめるようになっています。

3階アストロキャンプのマチカネワニの冒険では、大きなワニの体の中に入って遊ぶことができます。
主題に使われているワニは、かつて実に大阪湾に生息していた「マチカネワニ」という生物だ。
全身はトンネルなどのオモチャになっていますが、壁の骨や五臓六腑などが大いにリアルに形作りこまれていらっしゃる。
入ってみると、ワニの心拍が聞こえてきて、意外とワニに飲み込まれてしまったような不思議な気持ちになります。
4階玩具スペースシップの昭和30時期の街並みでは、昭和30時期の大阪のストリートを実機大のジオラマとして、民家や商家をリバイバルしています。
当時の電気屋様に展示して生じるテレビジョンなどは、幼児が見ると昨今との変更にびっくりする仕事場ダヨ。
けん玉やコマ回しなど、その当時の習慣やゲームに接することができ、幼児や親だけでなく、おじいさん、おばあちゃんも見て楽しめます。
ジオラマには駄菓子屋様もあり、そこに展示してあるケーキは1階で購入できるようになっています。http://ncecwa.com/