ミナトこうべ海上花火ビッグイベント

みなと表通り神戸の夏季の風物詩「港こうべ海上花火フェスティバル」は、毎年8毎月第1土曜日に開催される、兵庫県内で最大の花火フェスティバルだ。
約10000発の花火が神戸の夜空を彩り、毎年20万人を超える鑑賞ヤツが訪れます。
港こうべ海上花火フェスティバルの魅力は、尺玉、スターマイン、水上花火、囮花火など多彩な指揮で、神戸の夜景と共にロマンティックなムードを演出します。また、神戸みなとの中部で打ち上げられる花火は、間近のベイ箇所から六甲山まで、神戸市内の幅広い箇所から見ることができます。もう一度、クルーズ船や遊覧船での花火クルーズ、セスナやヘリコプターからの花火遊覧飛行などもあります。
メリケンパーク沖が打ち上げ事柄となる港こうべ海上花火フェスティバルは、みなとという立地詳細を活かした水上スターマインや大規模な囮花火、大迫力の尺玉など特長も上限となっています。
みなとの見晴らしとともに花火を味わえることもあって、毎年多くの旅立ち場内でにぎわう賑やかの花火フェスティバルとして有名です。
HOME球場のメリケンパークやハーバーランドなど、鑑賞事柄はいくつか指定されていますが、群衆に揉まれての鑑賞は不得意というヤツには、ポートアイランドなどいくぶん離れた事柄からの鑑賞がおすすめです。
また、限度鑑賞事柄ではありませんが、ホテルオークラ神戸では花火鑑賞用の縁台(要準備)が用意されているので、ゆっくりと夜景という花火を満喫したいヤツにおすすめです。各ごちそう長の特段ごちそうが楽しめるランチ計画をはじめ、屋外ビアガーデンやブッフェごちそう計画など豊かに取り揃えています。

伊勢神宮奉納日本花火フェスティバルは、神宮に花火を奉納始める唯一無二のフェスティバルとして、昭和28年齢に斎行された第59回神宮式年遷宮を思い出してはじめられました。
全国でも早い時期に開催されるこの大会は、北は秋田県内、南は鹿児島県内など、地域からスクリーニングされた花火師たちが神宮に奉納し、日頃の研鑽の実益を神都伊勢の夜空に放揚始める競技花火フェスティバルだ。また、花火師たちがその年齢の安全を祈願する場ともなっています。
競技等級は、各花火師が5号玉(直径約15cm)3発、10号玉(直径約30cm)1発をより放揚する『打上花火の部』40グループ、様々な花火がリズミカルに打ち上がる『スターマインの部』10グループから構成されます。2011年齢からは、打上げ花火の部のチャンピオンに周遊庁長官賞、スターマインの部のチャンピオンには領地運送大臣賞が授与されるようになり、競技花火フェスティバルとしての知名度も高まってきています。
競技フェスティバルはもちろん、フェスティバル提供オープニングスターマイン、中盤スターマインもメリットだ。そうして、フェスティバルピークを彩るのはすさまじさのワイドスターマイン。感動の完了の指揮も必ずお楽しみください。
第65回伊勢神宮奉納日本花火フェスティバルは、2017年齢7月15太陽(土曜日)に開催されます。時間は昼過ぎ7時20分から昼過ぎ9時00分までとなっています。なお、雨・強風・増水等で実施できない場合は、9毎月9太陽(土曜日)に後回し。9太陽(土曜日)も荒天等の場合は、翌10太陽(週末)に後回しされます。
開催事柄は伊勢市宮川河畔(度会橋上流)だ。宮川堤公園は代表的な鑑賞事柄で、打上事柄は対岸の上流(南)になります参照ページ